自分のペースで仕事探しが出来ないことも…

就活エージェントは求職者にとってとても頼りになるサービスですが、実はいくつかのデメリットがあります。その中の代表的な例が「自分のペースで仕事を探せない」というものです。就活エージェントは何人もの利用者がいるので、なるべく早く利用者を就職させようとしてきます。すぐにでも仕事を探したい人にとっては嬉しいことですが、求人をゆっくりと吟味しながら就職活動を行いたい人にとっては自分のペースを乱されることになるかもしれません。

例えば、頻繁に求人紹介の電話やメールが来たり、今日は就職活動をしないと決めている日に担当者から連絡があったりなど、落ち着いて仕事を探せないことが多々あります。もし、自分のペースを乱すことなく就活エージェントを使いたいのなら、急いで仕事を探していないという旨を担当者に伝えるようにすると良いでしょう。

押しに弱い人は注意!紹介された仕事を断りづらく感じる

就活エージェントを使うことには、もうひとつデメリットがあります。それは「断りづらい」という点です。就活エージェントの担当者はすごく親切に仕事を紹介してくれます。また、親身になって話も聞いてくれるので、そんな担当者が紹介してくれた求人を断りづらい雰囲気が少しだけあるのです。押しに弱い人だったら、自分の条件に合わない求人でも断ることが出来ないかもしれません。そうなると就職後に後悔してしまうこともあるので、押しに弱い人が就活エージェントを利用する場合には注意が必要です。仕事を探す際に就活エージェントを使う場合はあくまでも「決定権は自分にある」ということを忘れず、自身の判断で求人を選ぶようにしましょう。

工場の転職では、お給料だけでなく食堂の有無、作業服の支給などの福利厚生を重視するのがポイント。食費、衣服費などを考えて実質のお給料を計算すると大きな金額差が生じます。