アクセスしやすい反面、応募者が殺到しやすい

求人サイトはとても便利なサービスです。昔は求人情報を探すために、書店やコンビニなどに行って求人情報誌を購入する必要がありました。当然、書店までに行くのに時間がかかり、場合によっては交通費の負担があり、さらに情報誌購入のためにお金もかかってしまったわけですが、求人サイトであれば自宅に居ながら無料で情報を探すことができます。しかし、求人サイトで仕事探しを行おうとすると、いくつかのデメリットも存在します。

まず挙げられるのは誰でも簡単にアクセスできる分、応募者が殺到しやすく、条件のいい求人はあっという間に締め切られたり、あるいはライバルが多すぎて採用されにくいという点です。したがって、応募するのであれば不採用の可能性を見越して、第二、第三の応募先を決めておく必要があるでしょう。

求人サイトだけに頼ると自分に合った仕事を見逃す可能性がある

すべての求人情報が掲載されているわけではないという点もデメリットといえます。たとえば、求人サイトには載っていなくても、新聞の折り込み広告には掲載されている求人情報というのは結構あります。したがって、求人サイトだけで仕事を探そうとすると、より条件がよく、自分に合っている仕事を見逃してしまう可能性があるので注意しなければなりません。自分に合った仕事を見つけたいのであれば、求人サイトだけではなく、情報誌や折り込み広告など、いろいろな媒体で求人情報を探した方がいいでしょう。

また、求人サイトによっては名前や住所などの個人情報の登録が求められますが、こうした情報がサイトの脆弱性などによって流出してしまう可能性がゼロではないのもデメリットといえるでしょう。

製造業の求人は案件が増えており、外国人でも雇ってもらえることがあります。工場でライン作業をすることがほとんどです。